cmsとデータベース

cmsとは、コンテンツマネジメントシステムのことです。コンテンツマネジメントシステムとは、何か分からないという方もいるはずです。まず、コンテンツとは情報の中身になります。このインターネットサイトは、病院系のコンテンツや教育系のコンテンツが例になります。このような情報の管理をしたしくみと考えると分かりやすくなるはずです。

それでは、病院系のコンテンツを例に話していくと、様々な病院があって、特定地域の病院の情報を掲載しているとします。そこで、この地域で、風邪を引いた時に、どこの病院に出かけた方が近いかな、さらに評判の良い病院を探したいとします。このような、近い場所で評判の良い病院を選択出来るのです。このことから、データベースを作成しておくと、インターネット上で必要な情報を選択出来るのです。

さて、データベースとは何か分からない人もいるはずです。データベースとは、コンピュータに情報を集めて、検索により便利に情報を活用出来ることです。検索という言葉を分からないという方も、いるはずです。検索とは、情報を探すことです。例えば、風邪を引いて、病院を探したい場合に、「風邪」と「病院」と「希望地域」を検索の入力場所に入れることにより、希望の病院が見つかるのです。このように、たかが情報と思われるかもしれませんが、お客様からの情報もあることにより有益な情報にもなるのです。もちろん、評判はどこでも気にしているものなのです。